読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Visual Studioのユーザー キーワードを有効にする

Visual StudioC++のIDEでは、intやcharといった標準のキーワードがハイライトされて色が付きます。実はそのほかの任意のキーワードについても、設定を行うことでハイライトが可能です。


Visual Studioの実行ファイル「devenv.exe」があるディレクトリに、「usertype.dat」という名前のファイルを置きます。このファイルの中にハイライトさせたいキーワードを1行に一つずつ並べていきます。

例えばOpenCVの構造体を指定してみましょう。

CvArr
IplImage
CvMat
CvMatND
CvSparseMat
CvSparseNode
CvSparseMatIterator
.
.
.

そのあとVisual Studioを起動すると自動的に有効になっています。デフォルトでは標準キーワードと同じ色になります。

ちょっと見づらいかもしれません。設定を変えれば、標準キーワードとは別の色にすることができます。メニューから、ツール -> オプション -> 環境 -> フォントおよび色と進みます。表示項目のリストからユーザー キーワードを選択して、前景色を好きな色に設定します。

これでOKすると、以下のように標準キーワードとは別の色になりました。



OpenCVのを登録する人はあまりいない気がしますが、Win32APIのマクロやtypedefの別名(TCHARやLPCTSTRなど)を入れておけば、なかなか汎用性が高く役立つかもしれません。ほかにも、C++/CLIでのInt32やSingleといった型はほぼ標準キーワードとみなしても良いぐらいだと思うので、この辺も入れておくとよいかもしれません。