読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ConvexHull2をラップ

Convex Hullは日本語では凸包と訳されます。平面上の点がいっぱいあったとき、その一番「外側」の点を結んでできた線です。


cvConvexHull2の返り値のCvSeqから凸包の頂点を取り出す際、2重ポインタ(CvPoint**)が出てくるためその扱いに苦慮しています。今のところ、T*をあらわすPointerというクラスを作って、リフレクションまで持ち出してそれで何とかするようにしています。もう少し良い方法があれば変えるかもしれません。

ディジタル映像分析―OpenCVによる映像内容の解析

ディジタル映像分析―OpenCVによる映像内容の解析